勤怠管理ツールの話題の情報を随時お届け!お役立ちの知識を配信中!専門的なTOPICSを掲載。

大阪府の教員の勤怠管理とは教員の負担を増やします

勤怠管理システムについて

  • スマートフォン上で操作できるツールもある!
  • クラウドでどこからでも打刻できるものもある!
  • 初期費用無料や従量課金制など様々な料金システムがある!

勤怠管理とは、企業などで社員の出勤時間、退社時間、欠勤など勤務状況を把握することです。またこのことによって、残業時間から残業代を計算したり、有給休暇の消化率をみることもできます。主人は、現在大阪府の府立学校で勤務していますが、この勤怠管理が導入されている為に、出勤時と退勤時にICカードを通します。

ただし、府立学校では出張に行く場合は、2パターンあります。一つは、朝出勤し、学校から出張に行って自宅に直帰する場合は、出張に行く前にICカードを通ります。これを退勤時と取り扱うそうです。また、もし朝出勤し、出張に行ってまた学校に戻ってくる場合は、出張時にはICカードを通さず、出張後学校に戻ってきて最後に退勤する時にICカードを通します。

この勤怠管理によって、勤務時間の把握以外に、出張費や通勤費、扶養の申請や年末調整も自分で学校から与えられたパソコンにて申請をしなければなりません。最後に、給与明細も自分でこのシステムを使って印刷しなければなりません。兵庫県では、紙ベースなので事務職員が行ってくれることを大阪府は教員が事務手続きも自分でしなければならないので負担が大きいです。

バイバイ タイムカード

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★★ ★★★★★ ★★★ ★★★ ★★★★★

バイバイ タイムカードというものをご存知ですか。これは画期的な勤怠管理システムで、近年注目を浴びています。このシステムを採用することで、これまで多くの人を悩ませてきた、膨大な枚数のタイムカードを集計する必要がなくなります。

タイムカードの代わりとなるのは、バーコードやICカード、そして指紋などです。それらを読み取るだけで、出勤や退勤の時刻が自動的に記録されるという優れもの。さらに、給料の計算に必要な集計さえも自動的に行うことができます。

このバイバイ タイムカードは、1000人以上の社員を抱える会社に特にオススメです。さまざまなニーズに応えることができるので、その会社の就業規則などに合わせた利用も可能です。時間を有効に使うためにもぜひ、利用しましょう。


続きを読む

奉行クリック

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★

近年、企業の勤務体系が多様化する中で、勤怠管理が複雑となり頭を悩ましている企業も多いのではないでしょうか。そんな中で役に立つのが、奉行クリックです。奉行クリックとは、勤怠管理ソフトやシステムを取り扱っている会社です。

法令対応に重点を置いた機能が搭載されており、安心して利用することができると、多くの企業が奉行クリックのソフトを取り入れています。もちろん、さまざまな勤務体系に対応していますので、幅広い業種や業態に対応できます。

奉行クリックの勤怠管理ソフトを取り入れることで、管理のための時間やコストを大幅に削減することが可能となります。気になる方は是非この機会に、ホームページにて詳しい内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。


続きを読む

MosP

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★

MosPはユーザー主導となるシステムの運用を支える開発プラットフォームです。10年以上培ってきた知識と柔軟な構成のオープンソースを駆使し、企業の業務を支援します。製品の開発には勤怠管理のスペシャリストが携わっています。

MosPでは勤務形態などの条件を社員ごとに個別に設定できるため、柔軟な勤怠管理が行えます。MosPタッチを使えばICカードをかざすだけで出退勤の打刻ができるようになります。履歴の保存機能もあり、データの改竄も防げます。

MosPは数多くの企業が利用しています。2015年10月にはMosP勤怠管理の最新版がリリースされました。実際にMosPを体験できるデモサイトがあるので、どんな物か気になると言う人はデモサイトで実際に操作してみましょう。


続きを読む

キングオブタイム

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★

キングオブタイムというのは、勤怠管理システムを提供している会社です。この会社のシステムは、勤怠管理システムの中ではシェアがナンバー1ということですので、とても人気のあるシステムではないかと考えられます。

実際、ホームページを見てみますと様々な企業がこの会社のシステムを導入していることがわかります。その理由はいくつか考えられます。例えば、タイムレコーダーの種類がたくさんあるということではないでしょうか。

タイムレコーダーの種類がたくさんあれば、選択肢が増え、自社に合った勤怠管理を行うことができやすくなるのではないかと考えられます。また、サポートをしっかりと行ってくれるというのも人気の点ではないでしょうか。


続きを読む

JOBCAN

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★

JOBCANとは勤怠管理を簡単に行うことができるようにサポートするシステムです。今までタイムカードなどで行っていた出勤・退勤の打刻などをモバイルやICカードですることができるのでその会社にあった方法を選ぶことができます。

またJOBCANはオプション機能がたくさんあります。その会社の勤怠管理に必要なものに応じてカスタマイズすることができるので不必要なものはカットすることができ使いやすいベストなシステムをご利用して頂けます。

勤怠管理をJOBCANで行うことによって今まで集計作業にかかっていた時間・費用を抑える事ができますし、グループや社員のシフト管理を共有することができるので社員間での連絡などがスムーズに行えるようになります。


続きを読む

ネクストタイムカード

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★★

最近、色々な企業で仕事の効率化や大幅なコスト削減のために、クラウド型の勤怠管理システムが導入されています。しかし、最低利用人数に制限が設けられているものが多く、少人数の会社では導入しにくいのが難点です。

ネクストタイムカードには、最低ライセンス数も設けられていませんので、小企業から大企業まで幅広く利用していただけるのが特徴です。コストパフォーマンスも良く、導入することで勤怠管理にかかっていた経費が削減できます。

また、オプション機能として交通費精算機能が付いているのはネクストタイムカードだけです。経路検索や運賃の自動計算ができるので、不正や過剰請求を防ぐことで無駄な交通費を圧縮でき、コストカットにも繋がります。


続きを読む