勤怠管理ツールの話題の情報を随時お届け!お役立ちの知識を配信中!専門的なTOPICSを掲載。

キングオブタイム

キングオブタイムの勤怠管理システム

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★

キングオブタイムというのは、勤怠管理システムを提供している会社です。この会社のシステムは、勤怠管理システムの中ではシェアがナンバー1ということですので、とても人気のあるシステムではないかと考えられます。

実際、ホームページを見てみますと様々な企業がこの会社のシステムを導入していることがわかります。その理由はいくつか考えられます。例えば、タイムレコーダーの種類がたくさんあるということではないでしょうか。

タイムレコーダーの種類がたくさんあれば、選択肢が増え、自社に合った勤怠管理を行うことができやすくなるのではないかと考えられます。また、サポートをしっかりと行ってくれるというのも人気の点ではないでしょうか。


キングオブタイムのサイトとは

男性・44歳

キングオブタイムのサイトはとても素晴らしい仕組みになっています。どのような点が優れているのか、という事がすぐに分かります。リアルタイム管理に関することやどのような形で業務改善を行っていくことが出来るのかということがすぐに分かります。

キングオブタイムというサービスを活用していくということであれば、このサイトで様々なことを確認しておくことが出来るようになっています。サイトでは導入価格やサポートに関することなども知ることが出来るようになっています。どのようなサービス内容なのかを知ることはとても大事です。

キングオブタイムというサービスを利用するのであれば、疑問などに関しても解決しておくということが必要になります。そうした疑問に答えてくれるようになっているのでサイトなどを活用すれば理解してから活用していくことが出来るようになっています。こうしたサービスを活用していくということであれば、重要な部分をサイトなどを通して把握しておくということが求められていくことになります。様々なことを知ってから活用することで満足のいくサービスを利用することが出来るようになっています。サイトでは具体的な導入事例も確認しておくことが出来ます。

キングオブタイムについて

男性・30歳

従業員の勤怠管理システムは多くの企業がタイムカードを用いたものが現在は主流になっていると思います。しかし、私が勤務している保育系の福祉施設では、タイムカードのようなものがなく、全て前代的な紙ベースで管理していました。早番、中早番、普通番、中遅番、遅番、延長番と6種の勤務時間があり、休みもシフト制にも関わらずです。さらにパート社員の勤務時間も6〜7時間と人によって違い、多様な働き方をしています。

それがサービス残業を助長していた気がします。誰もがタイムカード導入を希望していましたが、それを阻んでいた一番の要因は、費用面での負担です。そんなときに見つけたのが、キングオブタイムのホームページでした。

虚偽打刻もほとんどなく、使用毎に安価で使用できます。私の勤務先は大きな社会福祉法人で給料計算などの事務作業は、勤務先とは少し離れた事務局でおこなわれているんですが、そこで直接リアルタイムにこっちの状況を知ることができることに大きな利便性を感じました。離れた事務局だからこそ、現場の声も届きにくく、サービス残業などの状況を把握しきれていなかったこれまでとは違って、現場のリアルを知ってもらうことができるようになりました。