勤怠管理ツールの話題の情報を随時お届け!お役立ちの知識を配信中!専門的なTOPICSを掲載。

勤怠管理の歴史とその方法

勤怠管理の歴史

会社においては、出社時間、退社時間、休憩時間、休日や休暇など、勤務時間に関するルールが、就業規則で決められています。この就業規則に定められた勤務時間を、会社が管理することを勤怠管理といいます。会社は、勤怠管理の結果を見て、社員の働き方を把握しなければなりません。残業時間が多い社員がいれば、それを改善するための措置を取らなければなりませんし、遅刻をする社員がいれば是正したり、その分の時間を欠勤扱いにして給与を差し引くことになります。勤怠管理の歴史は、勤務時間を把握することの歴史です。当初は、タイムカードが主流でした。出勤したとき、退社するときに、機械にカードを通して、その時間を打刻する事を行ってきました。

タイムカードの場合、その集計に手間がかかります。月末の集計作業に膨大な時間と労力を要してしまいます。また、タイムカードを人に預けて打刻してもらう不正の可能性もあります。このため、ICT技術の進歩もあって、様々なシステムが導入されています。銀行などであるように、指紋や静脈認証で時間を管理するものが出てきています。あるいは、携帯電話で管理するものもあり、タイムカードの弊害を除去しようとしています。

また、パソコンの起動、終了の時間を記録させる方法もあります。勤務時間をデータ化して入試できますので、打刻データの入力作業が不要となります。従って、人事管理の時間を節減することができます。このように技術進歩の歴史に伴って、勤怠管理システムも進化しています。