勤怠管理ツールの話題の情報を随時お届け!お役立ちの知識を配信中!専門的なTOPICSを掲載。

JOBCAN

JOBCANの勤怠管理について

総合評価 使いやすさ 掲載情報量 サポート 価格
★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★ ★★★★

JOBCANとは勤怠管理を簡単に行うことができるようにサポートするシステムです。今までタイムカードなどで行っていた出勤・退勤の打刻などをモバイルやICカードですることができるのでその会社にあった方法を選ぶことができます。

またJOBCANはオプション機能がたくさんあります。その会社の勤怠管理に必要なものに応じてカスタマイズすることができるので不必要なものはカットすることができ使いやすいベストなシステムをご利用して頂けます。

勤怠管理をJOBCANで行うことによって今まで集計作業にかかっていた時間・費用を抑える事ができますし、グループや社員のシフト管理を共有することができるので社員間での連絡などがスムーズに行えるようになります。


JOBCANに関する「勤怠管理」の紹介

男性・40歳

JOBCANには「勤怠管理」が可能な機能があります。データ入力を基本としているので、労働者が漏らさずに入力されれば、管理者もスムーズに勤怠状況を集約ができます。または、労働者を管理できるリーダーが勤怠メモを記載して、上層メンバーに提出する作業では無くて、JOBCANへのデータ入力さえ漏らさなければ、勤怠管理が自動連携されて行きます。

労働者やリーダーの勤怠メモには、決まっている労働時間内であれば、開始と終了の時分だけの記載となります。ただし、昼食の時間も漏らさずに注意しなければなりません。その基本的な時間パターンであれば、JOBCANの勤怠管理に入力さえすれば、メモ記載やチェック時間を縮小していく事ができるので、本来の作業量を増やしていく事ができます。

勤怠管理で追記が必要なのは「残業時間」「深夜労働時間」「休日労働時間」があります。開始時間、終了時間によって「残業」とするか「深夜」とするかの判断基準があるので、メモ記入の結果が複雑となります。その複雑さから逃れるのは、JOBCANの勤怠管理であり、開始時間と終了時間を間違いなく入力すれば、判断は勤怠管理が行ってくれます。最終的な勤怠管理者がチェックする記載ミスに、着眼しなければならない必要性を減らす方向に持っていけます。

最先端を行くJOBCANの流儀

女性・29歳

JOBCANとは、クラウド勤怠管理システムのことをいい、社労士法人等が運営している会員制の人事や労務に関するポータルサイト上でのサービスのことをいいます。この勤怠管理システムですが、企業の人事や労務部門が導入をしているとされており、顧客企業はサービス業が多いとされています。労務管理を徹底することができるようになったとする顧客企業が非常に多く、第三次産業において特に介護業界では、経費削減をできるようになってメリットが大きいのが魅力的とされています。サービス業全般においては、シフトスケジュール管理がし易くなり、シフト申請等が従業者の携帯電話等からできるようになっており、手間を省くことができて効率が良くなったとされているようです。

JOBCANには、集計を簡略に済ませる機能、いつでも何処でも打刻が可能であるだけでなくてGPS機能が搭載されており、携帯電話でのシフト申請や休暇申請をすることが可能となっています。特に、休暇の申請がかなり効率的にできるとされており、面倒な手続きを簡略できるのがかなり魅力的となっています。出勤管理を簡単に済ませることができたり、打刻方法は多彩であるということは、利用者を惹き付ける魅力とも言われています。使用方法は、サイト上に掲載されている個々の自由業者のサイトで問い合わせをすることができ、明確な回答がされることになっており、より高品質なコンサルティングもできるとされています。

JOBCANですが、利用料金がサイト上に明記されています。有料版の場合、一ユーザーにつき月額二百円以上となっており、プログラムには無料版も在ります。無料版は初心者向けとなっており、より質が高いサービスを期待する人は有料版を利用することがあります。無料版の場合、利用人数に制限が在り且つデータ保存は一ヶ月間となっていますが、有料版の場合は利用人数は無制限となっており、シフト機能や出勤管理機能、休暇や各種申請機能が全て付帯したプランであれば月額四百円程度となっており、データ保存は最長で三年となっています。JOBCANは、登録は無料でできるとされています。サイトは、寒色系の青を多用しており、青は鎮静作用や静寂をイメージしており、安心感が感じられるサイトとしてのシンボル色ともいわれています。